化粧水とクリームをうまく使い分けよう

化粧水やクリームなどに含まれる

化粧水に配合

基本的にビタミンC誘導体は化粧水に配合されています。水溶性と両性のタイプは化粧水に含まれていることが殆どでしょう。化粧水なら手軽に購入できる上に、効果を実感しやすいというメリットがあります。ビタミンC誘導体以外の成分にも注目してみましょう。

含まれている濃度

ビタミンC誘導体配合化粧品の選ぶ基準として、成分の濃度が挙げられます。一概に濃度が濃ければ効果が高いとは言えません。濃度による違いなどを理解することで、より美肌に一歩近づくことができるのです。化粧水を探すなら、濃度もチェックしておきましょう。

成分について

ビタミンC誘導体といっても様々な成分に分けられます。水溶性の場合にはリン酸型やグルコシド型などに分けることができるでしょう。その中でも人がビタミンCに変換しやすいのがリン酸とされています。リン酸型の化粧水なら高い効果が得られるでしょう。

ジェルやクリーム

油溶性ビタミンC誘導体は主にジェルやクリームといった化粧品に含まれていることが多い成分です。油溶性なので、じっくりと成分を肌の内側に浸透させることが可能でしょう。一般的に安定感や浸透率に優れています。時間をかけることで効果を実感できるでしょう。

便利な成分

両性ビタミンC誘導体は主に化粧水に含まれており、APPSと表記されることが多い成分です。肌の真皮層までビタミンCを効率良く浸透させることができるので、高い効果が期待できるのです。また、真皮層のコラーゲンの生成を促し、シワの予防も行えます。