化粧品選びが大切になる

肌の悩みについて

一般的に肌に対してどのような悩みを持っているのか調べてみましょう。自分と同じような悩みを持っている方もいるかもしれません。

みんなが抱えている肌の悩み

no.1

シミができてしまう

紫外線などを浴びてしまうと、メラニン色素が反応してシミやそばかすができてしまいます。肌トラブルの中でも、シミについて悩んでいる方も多いでしょう。シミは老けて見える原因になります。ビタミンCの抗酸化作用がシミの悩みを解消してくれますよ。

no.2

キメが失われてきた

キメ細かい肌は若さの象徴です。年齢を重ねるにつれて肌のキメは失われてしまいます。生活習慣の乱れや、加齢によってターンオーバーが上手く行かなくなり、コラーゲンなどの生成も少なくなってしまうのです。ビタミンCを利用してコラーゲンの生成を助けてあげましょう。

no.3

シワが増えてきている気がする

シワが増えてきたことに悩みを持つ方も少なくありません。引っ張っても消えないシワは悩みの種でしょう。このシワの改善にもコラーゲンとターンオーバーが必要不可欠です。ビタミンCを効果的に摂取することで、ハリと弾力のある肌を取り戻しましょう。

no.4

日焼けでヒリヒリする

紫外線を浴びると、肌が赤くなり炎症を起こしてしまう方も多いでしょう。ヒリヒリとした痛みに苦しむばかりか、シミやそばかすも増えてしまいます。ビタミンCを利用することで、チロシンを抑制して肌へのダメージを抑えることができるのです。炎症も予防することができるでしょう。

no.5

ニキビが増えてきた

生活習慣の乱れなどから、ニキビや吹き出物が増えてしまった方も多いでしょう。一般的に過剰な皮脂分泌が原因とされています。ビタミンCには皮脂の分泌を抑える効果が期待できるので、ニキビの予防にも役立つでしょう。ニキビの色素沈着を防ぐ効果もあります。

自分に合った化粧品を

種類で選ぶ

一般的にビタミンC誘導体は3つの種類に分かれます。肌への浸透力に優れている水溶性と、時間をかけて皮脂の奥まで浸透する脂溶性が有名です。また、この2つの特性を併せ持った両性ビタミンC誘導体もあります。例えば、乾燥肌や敏感肌の場合には水溶性だと刺激が強いこともあるので、脂溶性や両性のビタミンC誘導体を利用すると効果が実感できるでしょう。肌表面に素早く成分を浸透させたい方は水溶性が適しています。

配合量をチェック

ビタミンC誘導体化粧品にはビタミンC誘導体がどのくらい配合されているかが表記されています。一般的には成分の名前で表記されているでしょう。水溶性ならリン酸アスコルビルNaや脂溶性ならテトラヘキシルデカン酸アスコルビル、両性はAPPSなどと成分を表記しています。この成分がどの位配合されているかで効果が変わってくるのです。また、配合量の多い順に上から表記されているのでチェックしてみましょう。

量が多い方を選べば安心ではない

一般的に成分の配合量が多いほうがより優れていると思う方が多いでしょう。ただ、ビタミンC誘導体化粧品の場合は、少し違ってきます。例えば配合量が多いと、濃度も濃くなるでしょう。乾燥肌や敏感肌の方は成分の濃度が濃いと、肌が過敏に反応してしまうことがあるのです。そのようなトラブルを起こさないためにも自分の肌質を知っておくことが大切になります。乾燥肌や敏感肌の方は配合量が少ない化粧品から利用してみると良いでしょう。

配合されている成分

ビタミンC誘導体化粧品にはビタミンC誘導体以外にも様々な成分が配合されています。一般的な成分としてはコラーゲンやヒアルロン酸などです。このような成分もチェックしながら化粧品を選ぶようにしましょう。美白を考えているならイソフラボンなどが有効です。また、ニキビや皮脂対策にはカミツレエキスやアルブチン、シワやたるみにはフラーレンやレチノールが効果的でしょう。このように別の成分にもこだわるとよいです。

お得に利用する

ビタミンC誘導体化粧品は継続して利用することでその効果を存分に発揮します。その為、化粧品の料金についてもしっかりとチェックしておく必要があるのです。価格が高すぎる化粧品の場合は、継続して利用することが難しいでしょう。また、お得に利用することができれば、安心して利用を続けることができます。一般的に化粧品の場合は、使い切ってから買い足すのではなく、継続して購入すると20パーセント程安く利用することができるのです。